なぜ、サプリメントが必要なのか? 痛みと苦しみのない世界を目指して

 

 

健康維持のためにサプリメントを選ぶ人々が増えてきています。

なぜ、今、サプリメントが必要なのでしょうか。

健康的な食事を摂っているにも関わらず、それでもサプリメントを飲む必要性は本当にあるのでしょうか

今回の記事では、こうした一般的な質問にお答えするために、日本人の食事摂取基準と、栄養学の先進国である米国の例を取り上げながら、

さらに、世界五大医学雑誌のひとつである「米国医師会雑誌(JAMA)に掲載されている研究結論をもとに、サプリメントの必要性について考えていきます。

 

 

細胞に広がる、内なる生命の銀河感謝を込めて、この記事を読者の皆様に捧げます──。

 

 

 

日本人の食事摂取基準

戦後の栄養所要量(RDA)

 

まず初めに、日本の例を見ていきましょう。

過去の日本では、戦後、旧厚生省によって定められた栄養所要量 (Reccomended Dietary Allowance; RDA) という一日あたり摂取量の目安を示した基準値がありました。

 

World War II Atomic bombing aftermath in suburb four miles outside of center of Nagasaki Japan

 

しかし、これは戦後栄養欠乏症対策をベースとして策定されたものでした。

 

 

その数値は学校などの集団を対象としたものであり、個人の栄養指導には適さない内容でした。

 

 

現在の食事摂取基準

 

その後、新たに策定されたのが、現在の食事摂取基準 (Dietary Refarence Intakes: DRIs) です。

 

 

日本人の食事摂取基準は、2005年日本厚生労働省健康個人集団を対象にして、

国民健康維持増進エネルギー・栄養素欠乏症予防生活習慣病予防過剰摂取による健康障害予防目的として制定した、

エネルギー各栄養素摂取量の基準です。

 

そして、この理論数値については、5年毎見直しが行われています。

現在の日本における食事摂取基準「日本人の栄養摂取基準(2015年版)」では、の計6種類指標が定められています。

 

日本人の食事摂取基準
6つの指標
  • 推定エネルギー必要量
  • 推定平均必要量
  • 推奨量(RDA)
  • 目安量
  • 耐用上限量
  • 目標量

 

 

日本における現在推奨量(RDA)とは、97〜98%の人々が必要量を満たすと推定される摂取量を示したものです。

これは、栄養摂取不足回避する目的として設定された推定平均必要量補助するために策定されました。

 

 

日本人の栄養摂取基準における考察

 

 

日本人の食事摂取基準を活用する場合、考慮しておくべきことがあります。

それは、健康な個人または集団対象としたものである、ということです。

 

健康の維持増進生活習慣病の発症予防目的とし、且つ、重症化予防も視野に入れ、科学的根拠に基づく策定を基本としていますが、

あくまでもこれは、エネルギー各栄養素摂取基準を示したものである、ということも忘れてはならないでしょう。

 

 

日本人の食事摂取基準は、高血圧脂質異常高血糖腎機能低下に関するリスクを有していても、

自立した生活を送ることのできる人、保健指導レベルにある人まで食事摂取基準の対象になります。

 

具体的には、歩行家事などの身体活動を行うことができる人で、体格(Body Mass Index: BMI)が標準より著しく外れていない人も含まれます。

 

一般的には、日本食事摂取基準活用する場合、これは健康な人を対象としたものである、ということを考慮しておく必要があると言えるでしょう。

 

 

尚、既に疾患を有していたり、疾患に関する高いリスクを有していたりする個人集団に対して治療を目的とする場合は、

食事摂取基準におけるエネルギー栄養素摂取に関する基本的な考え方理解したうえで、

その疾患に関連した医療現場が提供する診療ガイドラインなどの栄養管理指針を用いるのが良いでしょう。

 

 

サプリメントの目安量と食事摂取基準

 

日本人の食事摂取基準は、あくまでも食事として摂取される食品に含まれるエネルギー栄養素を対象にしたものです。

 

 

この食事摂取基準エネルギー栄養素には、一般的な食品だけでなく、ドリンク類栄養剤栄養強化食品特定保健用食品健康食品サプリメントなども含まれます。

 

そして、サプリメント1日摂取量目安は、この日本人の食事摂取基準を参考にしたものが多いのです。

 

 

そして、日本人の食事摂取基準は、疾病の治療が目的のものではありません

これは、健康増進の目的で摂取される食品について考慮された基準値になります。

 

ゆえに、日本販売されているサプリメントもまた、疾病の治療が目的ではありません。

サプリメントに配合されている栄養素は、健康維持目的摂取することを前提とした栄養素処方されています。

参考資料(日本ニュートリション協会資料厚生労働省、栄養食育対策、国民健康・栄養調査資料、ほか)

 

 

真の健康とは

 

 

健康維持において配慮すべきことは、健康への在り方とは、一人一人のライフスタイル人生の段階によって変わる、ということです。

 

もしかしたら、読者の皆様やご家族、ご友人の中には、

生活の質QOLクォリティ・オブ・ライフ)において、

見かけ上健康であっても、健康診断で若干の異常が見つかり、健康病気に位置する未病の状態になってしまっている、という人もいらっしゃるかもしれません。

 

 

病気疾患は、ある日突然襲ってくるものではありません。

それは、日常的に身体的精神的ストレスが重なり、

細胞という生命基本単位において、活性酸素フリーラジカル)が多量に発生し、

細胞防御力低下体内におけるエネルギー産生低迷が続いてきた結果なのかもしれないのです。

 

真の健康とは、医師による診断書のことではありません。

それはまた、外見的で肉体的な健康だけを意味するものでもありません。

 

 

真の健康とは、今のあなたがいかなる状況であろうとも、今ここからより良い健康状態になっていくことです。

 

そして、そのプロセス全体も含めて、あなた自身最高最善の健康を、あなた自身によって力を取り戻していくこと。

 

これが、真の健康です。

 

現代の日本において、これほどまでに真の健康に注目が高まってきた時代は、未だかつてありませんでした。

 

 

未病をいかにして、事前に防ぐことができるか。

 

終末を迎える寿命健康寿命を短くし、日常生活に制限のある「不健康な期間」をいかに減らしていくか。

 

体調のちょっとした変化や、身体が発しているメッセージ心の耳を澄まし、細胞声なき声聴くこと。

 

 

あなたの真の健康は、あなた自身健康意識からスタートします。

 

それは決して遅いということはないのです。

今ここから、始めることができます。

 

次の章では、米国の例を参考にしながら、より深く、栄養健康について考えていきましょう。

 

 

米国の食事摂取基準

戦中から戦後の推奨食事許容量(RDA)

 

 

米国では、1960年代後半から現在までの過去50年以上にわたり、米国推奨食事許容量 (Recommended Dietary Allowance / RDA) の栄養レベル十分な量であると世間一般の人々に信じられてきました。(※1)

※1:現在の米国では、1968年に定められた推奨食事許容量 (Recommended Dietary Allowance / RDA) を刷新し、2016年には食事摂取基準 (Dietary Reference Intakes / DRIs) が定められている。

 

しかし、それは、何にとっての適切な栄養摂取量だったのでしょうか。

 

それは、ビタミンC欠乏によって引き起こされる「壊血病」、

ビタミンB1チアミン欠乏による「脚気」、

ビタミンD欠乏症代謝異常で生じる「くる病」、

代謝内分泌疾患として発症するナイアシン欠乏症ペラグラ」などの、

臨床的に明らかな栄養不足を予防するのに適切な栄養素の基準として定められたものだったのでしょうか?

 

WASHINGTON, DC – FEB. 2018: National Institutes of Health Clinical Center south entrance to Warren Grant Magnuson Center, first opened in 1953. Connected to the newer Mark O. Hatfield Research Center.

 

アメリカ国立衛生研究所National Institutes of Health) の傘下にある食品栄養委員会 (Food and Nutrition Board) では、

米国推奨食事許容量RDA)は、特定ライフステージ(人生の段階)ジェンダー・グループ(性別)における、ほとんどすべての見かけ上は健康な個人必要量満たすのに充分な1日あたり食事摂取量平均値です。」と伝えています。(※2)

※2:“The Recommended Dietary Allowance (RDA) is the average daily dietary intake level that is sufficient to meet the requirement of nearly all apparently healthy individuals in a particular life stage and gender group.” / Food and Nutrition Board, National Institutes of Health

 

この定義によると、米国推奨食事許容量RDA)は、栄養不足を予防するため必要栄養摂取量最低限の量を意味します。

 

これは、人々が急性欠乏症 (acute deficiency diseases) を回避するために明らかに重要栄養摂取量ではありますが、

オプティマル・ニュートリション」(最適な栄養摂取量)について議論されるべき問題対処するものではありません

 

 

新たな疑問 RDAは変性疾患の予防や細胞の酸化ストレスの防御に役立つか

 

米国推奨食事許容量RDA) が定められたことによって、

観測史上、あからさまな栄養不足における疾病壊血病ペラグラくる病脚気を含む)を最も低いレベルにまで減らすことに成功しているのは素晴らしいことです。

 

しかし、より多くの一般集団最低限栄養要件を満たすことができるようになるにつれ、新たな疑問が生じます。

 

 

例えば、ビタミンミネラル米国推奨食事許容量RDA)の基準は、さまざまな変性疾患(※3)予防に役立つと言えるのでしょうか。

また、それは酸化ストレスから(細胞を)保護するために役立つものであると言うことができるのでしょうか。

※3:変性疾患 (degenerative disease) とは、体内の臓器や組織が経年変化によって症状を作る疾患のこと。正常な身体的疲労・運動習慣・食生活などの生活習慣の選択に関わらず、経時的に悪化が進行する変性細胞 (degenerative cell ) の変化に基づく連続的プロセスの結果として発症する疾患を表す。

 

栄養素摂取量について考える際には、こうした点についても考慮しておく必要があると言えるでしょう。

 

 


 

 

RDA(米国推奨食事許容量 / The recommended dietary allowance)は、第二次世界大戦中1941年制定された基準値です。

 

これは、戦時中食糧配給のために、アメリカの国民軍人に適切な栄養を提供することを目的として策定されたものでした。

 

また、米国政府が国民の栄養摂取量の指針とするうえで、食糧を確保することが困難な状況を想定し、その入手可能性を考慮して作られていたものでした。

 

その後、RDAは、米国では5年から10年毎に改訂されていました。

 

 

それからしばらくして、新たに制定されたのが、DRIs米国食事摂取基準 / Dietary Reference Intakes)です。

 

これは、1997年に、旧:米国医学研究所IOM / The Institute of Medicine)、現在の全米医学アカデミーNAM / National Academy of Medicine)によって導入された、比較的、新しい栄養勧告システムです。

 

策定された当初のDRIs(米国食事摂取基準)の値は、1968年に制定された時代遅れのRDA米国推奨食事許容量)に基づいていました。

 

2011年、DRIsの見直しが行われ、カルシウムビタミンDの内容が改訂されました。

 

ただし、1998年から2001年にDRIsが発表されて以降、ほかの栄養素については改訂は行われていません。

 

参考ページ:Dietary Reference Intake

 

 

 

サプリメントからの栄養補給は必要か

 

ユサナが考える栄養補給の有用性とは

 

USANAユサナ・ヘルス・サイエンス社は、まれに発症する欠乏性疾患増加予防する取り組みよりも、むしろ、栄養補助食品を摂取することの方がより多くのメリットがあると信じています。

 

USANA製品は、最新の栄養科学研究を念頭にして処方されており、米国推奨食事許容量RDA)に関連性がある場合そうではない場合があります。

これは、ビタミン欠乏症完全予防するだけでなく、(見かけ上は)健康的な、大部分の人々にも関わるものです。

 

多くの変性疾患慢性疾患は、長い時間をかけて病気へと発展していきます。

しかし、自分は健康で病気の心配はいらないと思っていた人にとっては、突然やって来たかのように映(うつ)るでしょう。

世界中何百万人という(見かけ上の)健常者現代の健康問題対処するには、最低限度栄養摂取量では充分とは言えないかもしれないのです。

 

 

米国疾病予防管理センターThe Centers for Disease Control, CDC)によると、慢性疾患に関する病気障害死亡の多くは、既知の予防対策によって回避することができる、と伝えています。

さらに、ビタミン栄養補給潜在的経済効果調査した最近の研究では、予防栄養学の原則に基づいてビタミン・サプリメント使用することは、かなりのコスト削減関連している、と結論づけられています。

 

 

よくある質問:
健康的な食事を摂っているのに、どうしてサプリメントで栄養補給をする必要があるのでしょうか?

 

 

一般的によくある質問は、「健康的な食生活をしているのに、サプリメントを摂取する必要があるのでしょうか」という質問です。

健康的な食事とは、オプティマル・ニュートリション・プログラム(最適な栄養摂取のためのプログラム)に必要な基盤であり、きちんとしっかり食べることについては、取って代わるものはない、ということを明確に述べておきたいと思います。

 

これに関して、USANA栄養補助食品(サプリメント)は、健康的な食事補うための製品として設計されています。

USANAサプリメントは、生涯にわたる健康寿命延ばすうえで個人が毎日摂取することのできる基準として、食事だけでは摂取困難な、高品質ビタミンミネラル抗酸化物質補給できるよう設計されています。

 

 

米国医師会雑誌①
成人の慢性疾患予防におけるビタミン(ハーバード大学医学大学院)

 

USANA研究者は、栄養補助食品サプリメント)の健康上有用性を確信している唯一のグループ、というわけではありません。

 

たとえば、以下のような学術的報告もあります。

 

The Journal of the American Medical Association

 

2002年6月、米国医師会雑誌The Journal of the American Medical Association, JAMAは、ハーバード大学健康に関する研究者による2つの記事を発表しました。

 

1つめの記事は、「成人の慢性疾患予防におけるビタミン」(“Vitamins for Chronic Disease Prevention in Adults”) というタイトルでした。

研究を通じて、独自の考えを持つ研究者たちは以下のように結論づけました、

 

 

米国医師会雑誌 JAMA 2002
成人の慢性疾患予防におけるビタミン
 

・・・よくある代表的なビタミン欠乏症を引き起こす水準よりは上回る、いくつかのビタミン最適以下の摂取量 (suboptimal intake)、つまり、最低限度栄養摂取量は、慢性疾患、とくに高齢者を含めた一般的な人々に共通する危険因子になります。

 

葉酸最適以下摂取量ビタミンB6B12最適以下摂取量は、心臓血管疾患神経系の欠陥結腸がん乳がん危険因子です。

 

ビタミンD摂取量低レベルの場合、骨粗しょう症骨折関係します。

 

そして、抗酸化ビタミンビタミンAビタミンEビタミンC)の摂取量低レベルの場合、いくつかの慢性疾患のリスク高める可能性があります。

 

 

 

米国医師会雑誌②
男性のがん予防における総合ビタミン(ブリガム・アンド・ウィメンズ病院、ハーバード大学医学大学院)

 

2012年に発表されたもう一つの最近の研究においても、米国医師会ジャーナル(JAMA)で「男性のがん予防における総合ビタミン」の効果について評論しています。(※4)

※4:Multivitamins in the Prevention of Cancer in Men: The Physicians’ Health Study II Randomized Controlled Trial

これは、研究グループとして参加していた男性医師14,641人を含む、大規模な二重盲目プラセボ対象試験であり、追跡調査期間平均11.2年間に及ぶものでした。

研究者たちは以下のように結論づけました、

 

 

米国医師会雑誌 JAMA 2012
男性のがん予防における総合ビタミン
 

 

毎日、総合ビタミン・サプリメント摂取することによって、11年間調査期間追跡調査期間中全体的ながんのリスクが、意義深いことに、しかし控えめではありますが、低下しました。

総合ビタミン摂取する主な目的は、栄養不足予防することにあります。

 

しかし、これらの研究データは、総合ビタミン・サプリメント使用によるがん予防可能性を支持しています。

 

 

栄養補助食品サプリメント)の健康上有用性を裏付ける科学的実証堅実なものであり、日々増えています。

そして、これまで以上に多くの医療従事者がこの結論を掲げています。

 

 

USANAの栄養科学の未来

 

USANAでは、人々の健康を促進するために、これほどまでに栄養科学を取り入れるうえでのより良いタイミングはなかった、と信じています。

 

ここに、栄養補助食品サプリメント)の健康への効果について論じるもう一つのページ(英語版)があります。

この資料では、その題材に関する文献を掲載した多量の参考リストを提供しています。

宜しければ、ご活用ください。

 

 

生命レベルの銀河を見つめて

 

本当に重要なのはサプリメントではない

 

今回の記事を締めくくるにあたり、読者の皆様へ、お伝えしたいことがあります。

それは、本当に重要なのはサプリメントではない、ということです。

 

本当大切なのは、

あなたの健康

あなたの人生

あなたの生き方

です。

 

その意味において、より充実した人生を送るための必要十分条件として、生命の基本単位である細胞機能を高めることが重要になります。

 

 

人生とは、ステータスではありません。

人生とは、生きていくプロセスそのものです

 

健康であることの有難味ありがたみ)を忘れて、「これからもずっと健康が続くだろう」と言い切ることはできませんし、健康は当たり前だと言うこともできません。

 

あなたはあなた自身の人生において、最大防御注意を払い、あなた自身の真の健康守るべきです。

 

健康寿命が長く続くことで、あなたは人生の黄金期を、健やかに、そして、充実感を持って生きていくことができるようになることでしょう。

 

 

しかし、(あえて言いますが──)、

読者の皆様の中で、人生の黄金期において、いったいどれほどの人々が、高齢者施設医療介護施設で過ごすことになるのでしょうか。

 

自分だけは大丈夫だと思っていたとしても、統計学的には、ぞっとするような結果が示されています。

 

たとえば、米国の場合、2030年までには、約1億5000万人アメリカ人慢性変性疾患に罹り、

そのうち4200万人が、学校に通ったり、仕事をしたり、独立して生きていく能力に限界が生じるであろう、と、統計学上推測しています。(※5)

※5:C. Hoffman, Chronic Care in America: A 21st Century Challenge. (San Francisco, CA: Institute for Health and Aging, University of California at San Francisco, 1996), p. 8.,
“Invisible MIRACLES – The Revolution in Cellular Nutrition” / Copyright© 2002, 2004 by Myron Wentz Published by Medicis, S.C. All rights reserved / Printed in the United States of America

 

幸運にも、あなたはこの統計が示す対象には該当しないことでしょう。

しかし、もしかしたら、あなたは誰かの介護者になるかもしれません。

 

 

人生の中で、最も大切なこと

それは、人によって、それぞれの考え方価値観があることでしょう。

 

ある人にとっては、仕事かもしれません。

またある人にとっては、家族かもしれません。

お金自由、あるいは、愛することかもしれません。

 

 

しかし、どんなに富める者もであろうと、たとえ貧しい者であろうとも、

男性であれ女性であれ、子ども大人高齢者であるかに関わらず、

健康と時間は人生における大切な資産である

ということが言えるはずです。

 

 

資産という意味において、お金はまたいつでも取り戻すことができます

しかし、時間は、取り戻しがたいものです。

時間は、健康という現実直結していきます。

 

 

ユサナのビジョン 痛みと苦しみのない世界へ

 

 

USANAには、真の健康ビジョンがあります。

それは、人々が痛みと苦しみから解放され、調和の中で生きることができる、というビジョンです。

 

私たち人間が本当に気に掛けているビジョンとは、利己的なビジョンではありません。

本当に求めているのは、

地球を生きる人類として、分かち合うことのできるビジョン

であるということに、ほとんどの私たちが気がついています。

 

 

ビジョン人を元気づけるものであり、分かち合う価値のあるものであるためには、

私たち全員の中で最高のものを引き出すことが必要です。

 

そして、表面的快楽的衝動酔いしれないようにする必要があります。

 

 

あなたの内にある広大な可能性について、よく考えてみてください

 

病気治癒に関する時代遅れの偏見憶説挑み健康予防に関する知識に置き換えてください。

 

 

真のゲーム・チェンジャーたちへ

 

 

より良い真の健康未来のために、細胞レベルでの生命の銀河を見つめてみてください。

あなたの細胞には、無限の可能性が秘められています。

 

生命、そして人生を、解放するか、または、閉ざすのかは、あなた次第です。

 

 

DNAに封印されたコードを解除し、細胞が持っている本来の力を解放する。

あなたの自由意志選択よって、それが可能となるでしょう。

 

真の健康への道は、あなたから始まります。

 

あなたの細胞は、本来持っている正常な寿命を全うすることのできる、驚くべき再生能力を持っています。

 

閉ざされたを差し込み、その先の未来へ、進んでください。

 

2016年、USANAはそのとなるインセリジェンスを発表しました。

 

 

未来のゲーム・チェンジャーは、あなたです

 

細胞の言語を話す。

そして、細胞シグナル伝達で、量子的な飛躍経験する。

 

この新しいゲームボードで、あなたお会いできる日が来るのを楽しみにしています。

 

 

 

 


*These statements have not been evaluated by the Food & Drug Administration. This product is not intended to diagnose, treat, cure, or prevent any disease.

*本記事の記述内容は、FDA(米国食品医薬品)からの評価を受けたものではありません。この製品は、病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

 

 


本記事は、ASK THE SCIENTISTS に寄稿された文章を『真の健康100万人プロジェクト® 編集部』によって翻訳され、日本の読者向けに加筆・編集したものです。本ページの著作権は『真の健康100万人プロジェクト®』に帰属します。本ページの無断複製転用等を禁じます。

 

翻訳・編集・執筆者:矢口詩穗里
翻訳監修:藤田幸三
編集協力:大塚慎吾 髙橋彩 勝山未知教 安藤あきとし

 

参考記事:
Why do I need nutritional supplements?

参考文献:
“Invisible MIRACLES – The Revolution in Cellular Nutrition” / Copyright© 2002, 2004 by Myron Wentz / Published by Medicis, S.C. All rights reserved / Printed in the United States of America

 

 


 

米国本社のUSANA Health Sciences Inc. が米国で提供している栄養製品と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している栄養製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法医薬品基準等が異なるためです。

日本国内で販売している栄養製品も、米国本社が販売している製品と同様に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration)「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。

本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、本記事の掲載内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社に確認をいただいております。

 

 


 

池田和子(ホリスティックメディカルドクター・内科医・産業医)

 

監修者:医師   池田和子

北里大学医学部卒業。専門は循環器内科・女性医療。
同大学病院内科研修を経て、平塚共済病院、大和市立病院、北里大学病院循環器内科勤務を歴任。

現在、田園調布長田整形外科にてホリスティック医療を行っている。

一般内科のみならず、女性外来を担当、女性の心と体の健康のための女性医療にも従事。

病氣や不調は魂からのメッセージととらえ、対症療法ではなく、ボディ・マインド・スピリットの統合であるホリスティック・アプローチを目指し、直感と医療論理のバランスを図りながら本人全体のあるべき健康を取り戻すことに尽力している。

 

 


執筆者・編集人:『真の健康100万人プロジェクト® 』編集部

『真の健康100万人プロジェクト®』とは、健康情報を共有し、『真の健康』にあふれる人々を日本中に増やすプロジェクトです。

医師、歯科医師、アスリートなど、健康の専門家とパートナーシップを組み、活動しています。

 


© Copyright  2018 『真の健康100万人プロジェクト®』 All Rights Reserved.

 

 

 

USANA 日本語版 公開記事一覧

 

 

 


 

ユサナ許可番号:ADV-681
ユサナ社の製品および人物等については、ユサナ社の所有物であり、ユサナ社より承認を得て掲載しています