いのちの水 なぜ水分補給が必要なのか

 

 

水分補給は健康維持に役立ちます。

英国科学ジャーナルに掲載された記事によると、子どもたちの60%が脱水状態で通学していることが明らかになりました。

実は、喉が渇く前に脱水症状は始まっているのです。

どのようにすれば、効果的な水分補給ができるのでしょうか。

人間生物学が専門の若きサイエンス・ライター:シドニー・スプラウス氏がわかりやすく解説します。

 

 

いのちの水 H2Oへの全く新しい感謝

 

私たちは生命エネルギーを養うために食事を摂ります。

しかし、私たちの身体は、エネルギー栄養よりも、もっと大切なもの食事から必要としています。

それは、生きていくために必要水分です。

身体完全な能力を発揮するためには、健康的な水分補給が求められます。

そして、健康的な食事は一人一人違っているように見えるかもしれませんが、は誰にとっても例外なく必要なものです。

あなたが適切な水分補給を実践するとき、身体は健康体となるということについては疑問の余地もありません。

 

必須なものであるにも関わらず、水分補給なぜ重要なのかということについては、まだよく理解されていないかもしれません。

今回の記事をお読みいただくことで、以下の点について、ご理解が深まることでしょう。

 

 

  • 身体の中で水分がどのように作用するか
  • なぜ水を飲む必要があるのか
  • どのように水分摂取と水分補給をすればよいか
  • 脱水症状を見分ける方法

 

 

そして、H2Oへの全く新しい感謝に感じて湧いていただけたら幸いです

 

 

身体の中でどのように水分が作用するか

 

水分は、消化老廃物の除去身体の保護など、無数の生理的プロセスを促進させます。

水分は体中いたるところに存在しているため、水分がどんな役割を果たしているか、見極めるのは容易ではありません。

しかし、健康的な水分補給がどのように身体正常な状態に保つかについて、分類していくことは可能です。

 

 

1、消化管の入り口

 

 

は、消化管へと続く道の、最初の入り口です。

そして、は、にとっても、これから始まる体内旅行における、最初の滞在地となります。

それはすべて唾液から始まります。

唾液は、唾液腺によって分泌されますが、主成分です。

唾液は、食べたものを細かく分解するため、食物消化唾液から始まります。

 

は素晴らしい溶剤となります。

これはつまり、食べ物や、特定の食品に含まれる栄養素が、に溶けやすくなって分解される、ということを意味します。

なので、ここでの消化水分が含まれているのは当たり前のことです。

水分と一緒に食べ物を飲み込むことは、素早く効率的消化を助けることになります。

 

 

2、胃と小腸

 

 

食べたものと混ざり合わさった後、小腸に向かって流れ続けます。

小腸は、飲んだのほとんどが吸収されるところです。

小腸の内表面は、絨毛または柔突起 (villi)と呼ばれる、小さな指状の突起で覆われています。

これらは小腸表面積を増加させ、吸収力最大化させます。

 

 

3、血液

 

 

小腸に吸収されたは、血液によって体内に行き渡ります。

なので、たくさんのを飲むことは、健康血液供給維持するのに役立ちます。

 

 

4、腎臓 そして、排尿へ

 

 

しばしば、血液中に蓄積される老廃物は、取り除く必要があります。

それは、適切な水分補給における次のステップ、つまり、腎臓へとつながります。

 

 

老廃物毒素は、腎臓によって血液から濾過されます。

そして、それらの不要物は、排尿によって体外へと排出されます。

これが、なぜ、健康な水分量を維持することが非常に重要であるか、という理由です。

特に気分が優れないときは、水分補給するようにすると良いでしょう。

 

 

5、大腸と排便

 

 

毒素を取り除くためのもう一つの方法に、正常な排便があります。

を飲むことは、便秘緩和にも役立ちます。

便を柔らかくし、大腸から便が押し出されるのを助けます。

 

 

6、皮膚と汗

 

 

から入ったは、身体に与える恩恵の旅の、最終地点であるに到達します。

そして、発汗によって身体の外に出ていきます。

発汗作用水分に依存するもう一つの身体機能なのです。

は、水分ミネラル電解質、そして、身体排出したい様々な化合物で構成されています。

健康的な水分補給は、を掻いて悪いものを流すことのできる体液を身体に与えます。

充分な水分補給をすることで、身体体液が満たされ、を掻いて悪いものを体外へ流すことができます。

 

を掻くことは、老廃物取り除くことに加えて、正常な体温を維持するのに役立ちます。

どのようにして、を帯びた身体冷ますのでしょうか。

水分)が毛穴から身体の外へと出て行くとき、湿気が生まれます。

そして、その湿気蒸発すると、すなわち液体から気体に変わると、体温が下がります。

なぜなら、液状水分から気体水蒸気気化させるために、エネルギー(この場合は身体)を必要とするからです。

このプロセスによって、冷たくて気持ちが良いと感じられるのです。

 

 

「水をください」なぜ健康的な水分補給を心掛ける必要があるのか

 

水分補給は身体の恒常性を維持する

 

身体水分をどのように使うのか、ということを知ることで、たくさん飲むことがいかに重要であるか、わかるようになります。

すべての身体機能水分依存しています。

適切な水分補給は、生理学的プロセスの間におけるバランスである身体恒常性ホメオスタシス)を維持するのに役立ちます。

このバランスがなければ、身体健康維持することができません。

 

 

通学する60%の子どもたちが脱水症状

 

 

水分補給恒常性の事例は、2013年の英国科学ジャーナル (Nutrition Bulletin / British Nutrition Foundation) の記事の中で強調されていました。

研究者たちは、通学する子供たち60%脱水症状になってしまった状態で学校に到着していることを発見しました。

早朝水分不足してしまうと、教室での学習困難になります。

充分な水分補給が成されていないと、集中力認知能力低下します。

 

 

しかし、脱水によって生じるブレイン・フォグ (思考に霧が掛かったような状態)は、永続的なものではありません。

研究者たちは、学校での授業が行われている日に、コップ1杯を追加で飲むことで、運動神経が良くなり、視力向上した、と結論づけました。

 

 

 

水分補給の利点

 

体内水分充分に満たしておくことは、身体最高パフォーマンス発揮できる状態を保つことになります。

 

 

適切な水分補給の利点
 

    • 適切な水分補給は、美しさや健康的な肌をサポートします。
    • 水分は、 傷の修復のプロセス、シワの減少、肌の弾力性の維持に役立ちます。
    • 充分な水分を身体に取り入れることで、免疫機能と病原菌に対する抵抗力が強化されます

 

 

 

健康的な水分補給は、デリケートな脊椎、そのほかの重要な臓器保護するのに役立ちます。

脊髄液関節の間にある関節液、臓器周辺の体腔は、主に水分で構成されています。

この液状成分は、クッション保護膜として働き、衝撃によるダメージから身体を守ります。

 

 

適切な水分補給を行い、水分を保持し続けるための方法

 

ここまでご覧いただいた通り、はあらゆる身体機能の一部です。

なので、適切な水分補給が非常に重要になります。

充分な量の水を飲むことで、健康をサポートし、身体良好な状態にします。

しかし、健康的な水分補給とはどういうことなのでしょうか。

そして、それを行うには、どのようにすればよいのでしょうか。

 

 

水分を保つ最善の方法

 

毎日飲む水に関する推奨摂取量については、ありとあらゆるものがあります。

提示されている量は異なりますが、一貫しているものがあります。

つまり、それは、水を飲むこと水分を保つ最善の方法だということです。

ジュース、ソーダ、紅茶、コーヒーにはすべて水分が含まれていますが、水分を補給する最も効果的な方法は、普通の純粋な水を飲むことです。

 

 

なぜ、ただのが良いのでしょうか?

もしも脱水状態にある場合、ジュースやソーダに含まれる高濃度な砂糖は胃の調子を悪くしてしまいます。

スポーツドリンク水分補給に適しているかもしれませんが、激しい運動たくさん汗を掻いたときにのみ使用するようにしてください。

激しい運動を行う前にたくさんの水を飲むことや、運動の後にフルーツ低脂肪なグラノーラのようなスナックを食べることは、更に有効的かもしれません。

 

 

 

水分推奨摂取量に関するすべては、簡単な目標から始めると良いでしょう。

それは、大人であれば、毎日、コップ1杯あたり約8オンス約236ミリリットル)の8杯飲む必要がある、ということです。

 

 

運動する前必ず水を飲むことは、良好身体の状態を保ちます。

もし、水を飲むことを忘れてしまうのであれば、再利用できる水筒常に持ち歩くのも良いでしょう。

あるいは、毎日の必要水分量を書き出しておき、飲んだ分だけ消していくのも良いかもしれません。

 

 

フルーツや野菜に含まれる水分

 

 

フルーツ野菜に含まれる自然豊富な水分についても、忘れないようにしましょう。

リンゴブドウメロンキュウリレタスセロリは、食物性水分源です。

これらの自然食品は、健康的な選択肢であるだけでなく、適切な水分量維持することにも役立ちます。

 

 

飲み物に何らかのを付けたい場合は、コップ1杯冷たい水フルーツ野菜を追加して、健康的な水分補給のきっかけにしてみると良いでしょう。

に、ベリーミントキュウリを一緒に混ぜ合わせてみると、余分な砂糖を一切使わず、ちょっとパンチの効いた飲み物になります。

砂糖が多く入った飲み物は、お茶に変えるなどして、舌にはもっと身体に良い飲み物を味合わせてください。

 

 

 

脱水症状を防ぐために

 

忙しいときは、水を飲むのを忘れがちになります。

しかし、身体はいくつかの症状で脱水症状であることに気づかせてくれます。

喉の渇きが最も明らかな指標になりますが、既に遅すぎてしまうこともあります。

軽度脱水症状喉が渇く前から起きており、後から身体にその症状が表れます。

 

 

脱水症状のほかの兆候としては、疲労集中力の低下頭痛が挙げられます。

これらは些細なことかもしれませんが、身体が自分に何を伝えようとしているかに注意することが重要です。

これらの兆候が現れたら、大きめのコップにたっぷりとを入れて、喉に流し込んでください。

そして、再度、身体全体水分補給となるよう、その日の残りは、水を飲み続けるようにしましょう。

 

 

充分な水を飲んでるかどうかを本当に知ることができるのは、トイレで用を足したとき以外にありません。

尿の色は、水分補給状態を強く示しています。

色の濃い尿は、もっと水を飲む必要があることをあなたに知らせてくれます。

もしも、トイレの便器に残っている尿の色明るくて薄い色のときは、自分を褒めてあげてください。

あなたは健康的な水分補給上手に行っています。

 

 

水であればどれも同じ?

水道水

 

 

もしも、飲料水が地方自治体から供給されているなら、あなたは塩素臭に気がついているかもしれません。

塩素は、公共飲料水処理するためにモニタリングされ、安全使用されており、細菌供給水汚染しないようにします。

水道水から塩素塩素臭除去したい場合は、簡単安価な方法があります。

 

 

活性炭フィルター

 

 

活性炭フィルターは、飲料水から塩素効果的取り除くことができます。

これらは、家の蛇口に取り付けたり、濾過する浄水ポット浄水用ウォーターボトルを使用したりすることができます。

蛇口用フィルター・ノズルを設置することも、塩素の味減らすことに役立ちます。

 

 

ボトル・ウォーター

 

 

ボトル・ウォーターは、しばしば水道水よりも味が良いとみなされます。

ボトル入りの飲料水があなたのライフスタイルに適している場合は、リサイクル可能な容器のものを購入すると良いでしょう。

ウォーター・ボトル再利用して古いボトルをリサイクルすることで、プラスチック製ペットボトルの無駄減らします

アカウンタビリティー、つまり、社会に対して責任説明能力のある姿勢で、上手に水分補給のできる市民とは、責任を持った水の購入をする人たちである、と言えるでしょう。

 

 

著者について

シドニー・スプラウス氏 (Sydney Sprouse) は、オレゴン州フォレストグローブ在住のフリーランスのサイエンス・ライターです。

彼女は、ユタ州立大学(Utah State University)の人間生物学の学士号を取得し、学部の研究者および執筆者として働いていました。

シドニー氏は、生涯に渡って科学の学習者であり、現代の科学研究をできる限り効果的に解説することを目標としています。

彼女は、人間生物学、健康学、栄養学に関心を持って執筆しています。

 

 

 

 


本記事は、Ask The Scientists に寄稿された文章を『真の健康100万人プロジェクト® 編集部』によって翻訳され、日本の読者向けに加筆・編集したものです。本ページの著作権は『真の健康100万人プロジェクト®』に帰属します。本ページの無断複製転用等を禁じます。

 

翻訳:矢口詩穗里
翻訳監修:藤田幸三
編集協力:大塚慎吾 髙橋彩 勝山未知教 安藤あきとし

参考記事:”HEALTHY HYDRATION – HOW YOUR BODY USES WATER

 

 


 

米国本社のUSANA Health Sciences. Inc. が米国で提供している栄養製品 と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している栄養製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法医薬品基準等が異なるためです。

日本国内で販売している栄養製品も、米国本社が販売している製品と同様に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration)「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。

本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、本記事の掲載内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社 (USANA Health Sciences Japan LLC )に確認をいただいております。

 

*ユサナは、最高品質の製品を製造し、その内容成分量を保証しています。ご自身やご家族の皆様に正規品をご利用いただくため、ユサナ製品は、ユサナアソシエイトまたはUSANA.com からご購入いただきますよう、お願い申し上げます。

*本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

 

 


 

池田和子(ホリスティックメディカルドクター・内科医・産業医)

 

監修者:医師   池田和子

北里大学医学部卒業。専門は循環器内科・女性医療。
同大学病院内科研修を経て、平塚共済病院、大和市立病院、北里大学病院循環器内科勤務を歴任。

現在、田園調布長田整形外科にてホリスティック医療を行っている。

一般内科のみならず、女性外来を担当、女性の心と体の健康のための女性医療にも従事。

病氣や不調は魂からのメッセージととらえ、対症療法ではなく、ボディ・マインド・スピリットの統合であるホリスティック・アプローチを目指し、直感と医療論理のバランスを図りながら本人全体のあるべき健康を取り戻すことに尽力している。

 

 


執筆者・編集人:『真の健康100万人プロジェクト® 』編集部

『真の健康100万人プロジェクト®』とは、健康情報を共有し、『真の健康』にあふれる人々を日本中に増やすプロジェクトです。

医師、歯科医師、アスリートなど、健康の専門家とパートナーシップを組み、活動しています。

 


© Copyright  2018 『真の健康100万人プロジェクト®』 All Rights Reserved.

 

 

 

USANA 日本語版 公開記事一覧

 

 

 


 

ユサナ許可番号:ADV-681
ユサナ社の製品および人物等については、ユサナ社の所有物であり、ユサナ社より承認を得て掲載しています