ビタミンD

妊娠中の低ビタミンDレベルが、幼児期のメンタルヘルスに影響を与える可能性

出生前の脳の発達中における、ビタミンD摂取状態が、小児期の注意欠陥および多動性障害症状(ADHD)のリスクに影響を与える可能性があると、最近2つの研究が発表された。

オーストラリアとニュージーランドの精神医学ジャーナル(Journal of Psychiatry)に発表された最初の研究は、より高いさい帯血中のビタミンDレベルと、幼児期に見られるADHD症状のリスク減少に、関連性があることが示された。

研究対象は、デンマークの集団研究1,233人のメンバーを含む、出生から18歳の誕生日までの子供とその母親2,500人を追跡調査したものである。 この研究では、出生時のさい帯血中のビタミンDレベルを測定し、平均年齢で2.7歳時における、子供の行動を分析した。

ビタミンDを摂取し、さい帯血中のビタミンD濃度が少なくとも25 nmol / L(10 ng / ml)であった母親からは、ADHDスコアが低い子供が産まれた。さい帯血中ビタミンDレベルの10 nmol / L(4 ng / ml)増加ごとに、ADHD症状スケールの上位10%グループに入る可能性は11%減少した。

これらの結果は、疫学誌(the journal Epidemiology)において、2015年に発表された別の研究での結論でも支持されている。

その研究では、スペインの1,650人による、母親と子供のペアが含まれ、妊娠中のビタミンDレベルが高い母親から生まれた子供ほど、ADHDの症状スケールが低いスコアであることが示されている。

母体血液を妊娠13週目に採取し、ビタミンD含有量について分析。規格化された分析試験を用いて、4〜5歳の子供に対しADHD様症状を評価した。

判断を惑わす要因を調整した結果、母体ビタミンD濃度が25 nmol / L(10 ng / ml)増加するごとに、ADHD様症状の合計数が11%減少することがわかった。

これらの研究の結果は、妊娠中の母親の循環血中ビタミンD濃度が高いほど、小児期にADHD様症状を発症するリスクが低いことを示しており、出生前ビタミンDの保護効果が示唆されている。

参考文献:https://askthescientists.com/studies-find-possible-link-low-vitamin-d-levels-pregnancy-adhd-symptoms-early-childhood/

翻訳:藤田幸三

 

米国本社のUSANA Health Sciences Inc. が米国で提供している栄養製品と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している栄養製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法や医薬品基準等が異なるためです。

日本国内で販売している栄養製品も、米国本社が販売している製品と同様に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration)に「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。

本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、本記事の掲載内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社に確認をいただいております。