乳酸菌とビフィズス菌で腸活サポート ユサナ・プロバイオティック

 

免疫システムに集中しています。

ユサナ・プロバイオティックは、2種類の優れた「善玉菌」を配合。

あなたの「腸活」を応援します!

 

 

 

 

ユサナ・プロバイオティック (USANA Probiotic) は、

あなたの腸内環境(腸内フローラにおいて、バランスを取ることができるよう、

研究開発されたユニークなプロバイオティクスが配合されています。

 

ユサナ・プロバイオティックは、あなたの消化器官健康をサポートします。

 

ユサナ・プロバイオティック / 3,024円(税込)

 

 

プロバイオティクスの定義

 

プロバイオティクスとは

 

プロバイオティクス (Probiotics) とは、国連食糧農業機関 (FAO)世界保健機関 (WHO) の定義によると、

十分な量を摂取することで、宿主に健康上の利益を与えることができる、生きた微生物

定義されています。(※1)

 

もっとわかりやすく言い換えると、プロバイオティックまたはプロバイオティクスとは、

あなたの腸内で良い働きをしてくれる微生物「善玉菌」のことです。

 

その一方で、あなたの腸内で好ましくない働きをしてしまうのが、「悪玉菌」です。

 

 

健康的な毎日を送るためには、「悪玉菌」ではなく、「善玉菌」が優勢になるよう、最適な腸内環境を作り出し、それを維持することが大切です。

 

プロバイオティクスの「善玉菌」は、あなたの健康を守るために必要な免疫システムを、健全な状態にしていくことが出来ます。

 

なぜなら、免疫システムの多くが、腸に集中しているからです。

 

腸内の免疫システム健全に機能することで、あなたの健康は強化されます。

 

 

健康的な食事とプロバイオティクス

 

 

健康な食事を摂ること

これは本当に大切です。

 

あなたが食べた食べ物は、消化吸収され、栄養素として、あなたの細胞に、情報を送り届けます。

 

そして、食べ物には、生体調節機能があり、身体の調子を整え、恒常性を維持し、体調回復させてくれます

 

とくに、食物繊維が多く含まれる食品には、腸内の「善玉菌」を増やし、有害物質を吸着して、体外に排出する働きがあります。

 

あなたの身体と心の健康のために

毎日の食生活で、どんな食べ物を、自分の体内に、与えてあげると良いか

意識してみると良いかもしれません。

 

そして、健康的な食事に加えて、

あなたの健康に効果的な作用を作り出すことのできるプロバイオティクス(生きた微生物・善玉菌)が含まれている栄養補助食品を使用することも、意識してみると良いでしょう。

 

効果の高いプロバイオティクスは、健康な消化を行うことのできる理想的な腸内環境(腸内フローラ)を作り出ことが出来ます。

 

 

消化器系の健康の大切さ

 

健康な消化器系を維持しよう!

 

 

 

あなたが食べたり飲んだりして摂取したものは、すべて、あなたの体内の消化器系を通過しなければなりません。

 

消化器系とは、あなたが食べる食べ物が口に入って摂取され、その成分を体内に必要な栄養素分解することで消化吸収し、残りのものを排泄するという、これらの一連の働きに関連する器官を意味します。

 

そして、その中でも、特に大切な器官が、になります

 

こうした消化器の働きは、あなたの身体の細胞が正しく機能するために消化吸収を通して、体内に取り込まれた必要な全ての微量栄養素を、あなたの身体に送り届けるために必要なプロセスを担っています。

 

あなたの消化器は、食品栄養補助食品に含まれる成分を分解し、ビタミンミネラル吸収するため、

消化器の健康を維持することは、栄養摂取最適化し、欠乏に関連する病気を予防するうえで重要な要素となります。

 

健康な消化器系は、ガス便秘膨満感や、または、時折起こる下痢などの身体的な不快感を大幅に軽減させるだけでなく、

定期的で正常な排便を行うことによって、体内から不要なものを除去する「不要物除去」を促進させます。

 

お通じが良くなると、身体の中の不要なものが出やすくなります。

 

 

腸とお水と食物繊維

 

 

とくに、消化器系を正常に保つ飲むためには、たくさんのお水を飲むことが大切です。

 

適切な運動を行い、フルーツ野菜全粒粉などから、食物繊維を豊富に摂取することのできる正しい食事適切に摂ることも大切です。

 

健康的な食事に加えて、プロバイオティクス(善玉菌)を使用することで、あなたの消化器系に、健康で理想的な環境を作り出すことができます。

 

 

善玉菌の “エサ” となるプレバイオティック

 

 

プロバイオティック (Probiotic)は、「善玉菌」を意味します。

 

その「善玉菌」の効果を高めてくれる栄養源を、プレバイオティック  (Prebiotic)と言います

 

プレバイオティックとは、乳酸菌ビフィズス菌などを増殖促進させる作用を持つ食物繊維などの食品成分であり

プロバイオティック善玉菌と一緒に摂ることで、善玉菌の生存率を高めてくれます。

 

ユサナ・プロバイオティックには、「善玉菌」の “エサ” となるプレバイオティックイヌリン食物繊維の一種)も含まれています。

 

 

ユサナ・プロバイオティックの科学

 

ユサナ・プロバイオティックは、胃酸胆汁などの強い消化液過酷な環境をくぐり抜けて腸まで届くことが科学的に証明されている2種類の菌株採用しています

 

ユサナ・プロバイオティックは、善玉菌」腸管付着しやすいよう、研究開発されていますので、あなたの消化管サポートしてくれることでしょう。

 

 

腸内フローラは、腸内のお花畑!?

 

 

 

あなたのは、あなたの健康維持に役立つ「善玉菌」と、潜在的に有害な作用を及ぼす「悪玉菌」の両方にとっての宿主です。

 

宿主であるあなたの腸内環境において、今、どんな種類の微生物が生息しているか、ということを表すために、

専門用語では、これを「ミクロ・フローラ (micro flora)」(またはマイクロ・フローラ)と呼んでいます。

 

ミクロ (micro)」とは「微細な」という意味です。

フローラ (flora)」 は「お花」を意味します。

 

つまり、

腸内の「ミクロ・フローラとは

あなたの腸内環境お花畑のように見立てた場合、

お花畑の中に、「善玉菌」や「悪玉菌」も含めて、どんな微生物や細菌が生息しているか、を示した「分布のことです。

 

ミクロ・フローラ」を、日本語では、わかりやすい言葉で「腸内フローラ」と呼んでいます。

 

腸内フローラ」の微生物たちが、腸内において、バランスの取れた状態で存在し、有効に働いてくれることによって、

あなたの健康を守り、適切な消化を助けてくれることでしょう。

 

 

腸内フローラと環境条件

 

 

老化ストレス病気抗生物質、あるいは、特定の医薬品栄養素が不十分な食生活水分不足休息の欠如有害な環境条件は、

あなたの腸を正常にサポートするために必要な精密なバランスを、危険に曝す可能性があります。

 

不自然な生活環境が、バランスを損なわせ、腸の働きを不均衡な状態にしてしまいます

 

腸の働きが損なわれてしまうと、あなたの腸内に存在している有益な細菌である「善玉菌」を減少させる結果を引き起こしてしまいます。

 

そして、腸などの消化器系にまつわる心配が、単に肉体的に不快であるというだけでなく、あなたの健康に有害な影響を及ぼす可能性もあります。

 

 

ユサナ・プロバイオティックはあなたの「腸活」をサポートします

 

プロバイオティックが含まれている栄養補助食品は、

腸内にとって効果的に働く「善玉菌」を腸まで送り届けることで、

微生物の平衡バランス回復させ、良好な消化をサポートすることが出来ます。

 

ユサナ・プロバイオティック (USANA Probiotic) は、

・ビフィズス菌 BB-12 (Bifidobacterium BB-12®)

・乳酸菌 LGG株ラクトバチルス・ラムノサスLGG)  (Lactobacillus rhamnosus LGG®)

この2種類のプロバイオティクス細菌を、それぞれ50%ずつ配合している点が、最大の特色です。

 

ビフィズス菌 BB-12 と、ラクトバチルス・ラムノサス LGG は、腸内環境である「腸内フローラ」の自然なバランスを促進することが、臨床的に証明されています

 

研究によると、ビフィズス菌 BB-12 と、ラクトバチルス・ラムノサス LGG を含むプロバイオティクスが、健康な免疫機能を維持する役割を果たしている可能性があることが示唆されています。

 

また、より多くの免疫細胞は、身体の他のどの領域よりも、腸に集中しています

 

これらのプロバイオティクスは、有害な細菌である「悪玉菌」が腸管で増えすぎないようにして、腸内環境を健全に保ちます

 

そして、適切な栄養素の吸収を助けて、健康的な細菌である「善玉菌の増殖を促進するのに役立ちます。

 

プロバイオティクスは、あなたの腸内の活動、「腸活」をサポートします。

 

 

ユサナ・プロバイオティックはここが違う!

 

プロバイオティクスと呼ばれる良好な腸内細菌には、様々な種類があります。

 

なので、プロバイオティクス製品1スティックに含まれる1つの菌株の有効な効果は、必ずしも他の菌にも当てはまるとは限りません。

 

更には、同じ株金の異なる品種であっても同様です。

 

腸内フローラにおいて、十分な量の高品質な菌株プロバイオティクスとしての力を発揮し、効果を維持するためには、

胃の中の強い酸をくぐり抜けて、生き残り菌が生きた状態で、腸管の中へ入っていく必要があります。

 

 

ユサナ・プロバイオティックには、ビフィズス菌 BB-12 と、LGG 乳酸菌(ラクトバチルス・ラムノサス) が含まれています。

 

そして、臨床実験において、生きた菌として120億個CFU(Colony Forming Units / コロニー形成単位) を供給することができるとして、その有効性が示されています。

 

ユサナ・プロバイオティックには、胃の酸性環境通り抜けて腸で定着できるよう、

菌株が厳しい環境下で生存するために、充分に実証された二つの菌株が含まれています。

 

 

よくある質問

 

ユサナ・プロバイオティックと他のプロバイオティック・サプリメントとの違いは何ですか?

 

ユサナ・プロバイオティックを摂取することで、あなたの腸内で「善玉菌」が効果的に働いてくれます。

 

そして、特定のプロバイオティック・サプリメントを選択する際には、多くの要素を考慮されると良いでしょう。

 

 

1. 菌株の有効性と生理学的活性の臨床データがあるかどうかをチェックしよう!

 

第一に、菌株の有効性と生理学的活性力に関する臨床データがあるかどうかを、チェックすると良いでしょう。

そして、ユサナ・プロバイオティック以外の他のプロバイオティック製品は、ユサナ製品とは異なる菌株を利用していることに留意すると良いでしょう

現在、市場では、数多くのプロバイオティック菌株を入手することができます。

しかし、市場で入手できるプロバイオティクス製品の多くは、菌株の有効性、または、生理学的活性力に関する臨床データが、ほとんどないか、全く得られていないこともあります

 

 

2. 菌株の安定性があるかどうかをチェックしよう!

 

第二に、菌株の安定性があるかどうか、チェックすると良いでしょう。

菌株の安定性がどうであるかは、ほとんどの菌株にとって大きな問題です。

ほとんどの菌株の賞味期限は短く、多くの菌株は冷蔵が必要です。

冷蔵されたプロバイオティック製品でさえ、生菌生存率が低く、貯蔵寿命が非常に短いものがあります。

さらに、培養、または試験管内で良好なデータを有する多くの菌株は、実際のヒトの消化プロセスに暴露された場合、ほとんど死滅してしまいます。

つまり、体内に摂取された菌株が、どの程度、腸管で生存しているかについては、試験管で行われたデータと異なる場合がある、ということです。

 

菌株が腸管に着床しない場合、その有効性は疑問視されます

 

USANAは、これらの潜在的なロード・ブロッキング(通路が封鎖される状態、菌株が腸管に届く前に死滅すること)の影響を受けない製品を探して、長年に渡り、データ調査コーミング(不純物を除去した配合)を行ってきました。

その結果として製品化されたのが、ユサナ・プロバイオティックです。

この製品に使用されている2つの菌株、ビフィズス菌 BB-12 株 と、乳酸菌 LGG 株(ラクトバチルス・ラムノサス)については、

有効性菌株の生存性をサポートするための広範な臨床データに加えて、人的な臨床データがあります。

(一般的なプロバイオティック製品に使用されている菌株は、必ずしもこうした臨床データがあるとは言い切れません。)

 

さらに、ユサナ・プロバイオティック特別な配合は、室温で最終的に安定していることが証明されています

 

社内テスト第三者機関によるテストの両方で、当社は18ヶ月間の安定性に関する製造メーカーとしての主張を裏付けることができました。

 

ユサナ・プロバイオティックで使用される菌株は、体内において、生存能力、および、有効性を証明するために、多数の人々による試験を有しました。

また、市場にある他の製品よりも、プロバイオティクスとしての安定性が高いという点も、ユサナ・プロバイオティックの大きな特徴です。

 

ユサナ・プロバイオティックは、市場にある他の製品よりも安定性が高いため、

他の多くのプロバイオティック製品は、ユサナ・プロバイオティック総合的な品質性有効性にまで達することは出来ません

 

 

 

ユサナ・プロバイオティックにはどんな種類の菌株が入っていますか?

 

Lactobacillus bacteria

 

ユサナ・プロバイオティックには、ビフィズス菌 BB-12 (ビフィドバクテリウム bb-12) と、乳酸菌LGG株ラクトバチルス・ラムノサス) が含まれています。

 

BB-12® は、Chr. Hansen の登録商標です。

LGG® は、Valio Ltd の登録商標です。

 

 

ユサナ・プロバイオティックは、食べ物や飲み物に混ぜて使用することは出来ますか?

 

 

ユサナ・プロバイオティックを使用する最も便利な方法は、スティックパックから直接ご使用いただくことです。

ユサナ・プロバイオティックは、冷たい食べ物や飲み物に加えることも出来ます。

 

しかしながら、沸騰した液体や温かい液体と混ぜて使用することは、お勧め出来ません

なぜなら、熱いものと一緒にプロバイオティック製品を使用すると、生菌(生きた菌株)が死滅する可能性があるからです。

 

生菌の効果を引き出すために、お水と一緒に、またはそのまま、ユサナ・プロバイオティックをお召し上がりください。

ユサナ・プロバイオティックを他の食べ物や飲み物に混ぜた場合は、効果が損なわれるのを最小限に抑えるためにも、30分以内に、お召し上がりください。

 

 

ユサナ・プロバイオティックは冷蔵庫で保存する必要がありますか?

 

 

プロバイオティック製品が冷蔵保存する必要とするかどうかは、その製品の菌株、パッケージング、製造、配合された他の成分が何であるか、ということによって左右されます。

 

USANAにおいては、菌株の寿命を考慮した保存期限がどのくらいかを立証するために、安定性試験が行われていますので、

ユサナ・プロバイオティックは冷蔵保存せずに常温で保管しても問題はありません

ユサナ・プロバイオティック室温(25℃)で安定し、18ヶ月間有効です。

蒸し暑い気候環境で暮らしている場合は、ユサナ・プロバイオティックを冷蔵庫で保存することで、有効期間内はご利用いただけます。

 

 

ユサナ・プロバイオティックの外見が変化するのはなぜですか?

 

ユサナ・プロバイオティックのパウダー状の粒子が、色味がわずかに変化することは珍しいことではありません。(通常、白と淡いピンク色の間の色味に変わります。)

この変化は「ピンク化 (pinking)」と呼ばれることがあります。

 

色の変化は、品質上の問題ではありません

プロバイオティック製品の「ピンク化」と菌株の生存率との間には関連性がありません

製品の色味の変化は、温度や湿度の上昇によるものや、理想的な保存状態であっても、変色することがある、ということをご理解いただきますよう、お願い致します。

 

再度ご案内させていただきますが、ユサナ・プロバイオティック色味の変化は、製品の品質有効性の変化とは無関係です

 

 

 

 

翻訳・執筆者:矢口詩穗里
翻訳監修:藤田幸三
編集協力:大塚慎吾 髙橋彩 勝山未知教 安藤あきとし

 

 


 

ユサナ・プロバイオティック / ¥3,024 (税込) 

 

 

ユサナ・プロバイオティックで腸に優しい毎日を

 

 


※1:  国連食糧農業機関 FAO (The Food and Agriculture Organization of the United Nations)と世界保健機関 WHO の定義を参照。(2001年)
P7 / “Adoption of the definition of probiotics as ‘Live microorganisms which when administered in adequate amounts confer a health benefit on the host’.” / Guidelines for the Evaluation of Probiotics in Food
http://www.who.int/foodsafety/fs_management/en/probiotic_guidelines.pdf

 


*These statements have not been evaluated by the Food & Drug Administration. This product is not intended to diagnose, treat, cure, or prevent any disease.

*これらの記述はFDA(米国食品医薬品局)によって評価されていません。この製品は病気の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

 


https://askthescientists.com/qa/usana-probiotic/本記事は、ASK THE SCIENTISTS に寄稿された文章を『真の健康100万人プロジェクト® 編集部』が翻訳し、日本の読者向けに加筆・編集しています。

参考記事:ASK THE SCIENTISTS:
https://askthescientists.com/qa/usana-probiotic/

 

Probiotic: What You Need to Know

 


 

 

米国本社のUSANA Health Sciences. Inc. が米国で提供している製品と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法医薬品基準等が異なるためです。

日本国内で販売している製品も、米国本社が販売している製品と同様に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration)「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。

本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、本記事の内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社に確認をいただいております。

 


 

池田和子(ホリスティックメディカルドクター・内科医・産業医)

 

監修者:医師  池田和子

北里大学医学部卒業。専門は循環器内科・女性医療。
同大学病院内科研修を経て、平塚共済病院、大和市立病院、北里大学病院循環器内科勤務を歴任。

現在、田園調布長田整形外科にてホリスティック医療を行っている。

一般内科のみならず、女性外来を担当、女性の心と体の健康のための女性医療にも従事。
病氣や不調は魂からのメッセージととらえ、対症療法ではなく、ボディ・マインド・スピリットの統合であるホリスティック・アプローチを目指し、直感と医療論理のバランスを図りながら本人全体のあるべき健康を取り戻すことに尽力している。

 

 


執筆者・編集人:『真の健康100万人プロジェクト® 』編集部

『真の健康100万人プロジェクト®』とは、健康情報を共有し、『真の健康』にあふれる人々を日本中に増やすプロジェクトです。

医師、歯科医師、アスリートなど、健康の専門家とパートナーシップを組み、活動しています。

 

 


本ページの著作権(翻訳を含む)は『真の健康100万人プロジェクト®』に帰属します。本ページの無断複製転用等を禁じます。

 


© Copyright  2017-2018 『真の健康100万人プロジェクト®』 All Rights Reserved.

 

 

公開記事一覧

 

 

 


 

ユサナ許可番号:ADV-681
ユサナ社の製品および人物等については、ユサナ社の所有物であり、ユサナ社より承認を得て掲載しています