ミトコンドリア再生をサポートして細胞を元気にする最新科学

 

 

あなたが毎日を元気に暮らすためには、生命活動を維持するエネルギーが必要です。

その大切なエネルギーを、細胞ミトコンドリアが作り出しています。

あなたのミトコンドリアが元気になる秘訣を、ユサナ・ヘルス・サイエンス社の科学者:ジョン・クォモ博士が解説します。

 

あなたの細胞の再生能力を解放する

 

 

インセリジェンス・テクノロジー (InCelligence Technology®) は、あなたの細胞が本来持っている再生能力を解き放ちます

 

ジョン・クォモ博士
グローバル研究開発担当エグゼクティブ・ディレクター
John Cuomo, PhD,
Executive Director of Global Research and Development

 

 

 

 

・・・少し、思い浮かべてください、

 

あなたが新品のパソコンを購入した時のことを。

 

 

まだ光沢のある、
新品のノートパソコン。

 

購入した当初は、起動が速かった。

 

本当にスムーズに作動していたので、あなたは、自分のパソコンを使って、やりたいことが、何でも出来ていましたよね?

 

 

それから、数年後。

 

あなたのノートパソコンは、
次第に起動が遅くなり、
効率が悪くなっていく。

 

 

こんな経験は、
ありませんでしたか?

 

そのうち、
フリーラジカルの産生が始まり、

動作環境が良かったマシーンも、
やがて害を及ぼし始める・・・。

 

OK!

 

最後の部分は、完全には正確ではないかもしれませんでしたね。(笑)

 

私がお伝えしたいことは、あなたの細胞の中で、ミトコンドリアが、どのように働くのか、ということについての「比喩」でした。

 

それでは、ご一緒に、私たちの細胞について、見ていきましょう。

 

 

細胞とミトコンドリア

 

ミトコンドリアは、エネルギーの発電所

真核細胞の内部には、それぞれ特有の機能を持つ「細胞小器官」が存在する。核小体(仁)、細胞核、リボソーム、小胞、粗面小胞体、ゴルジ体、微小管、ミトコンドリア、液胞、細胞質基質、リソソーム、中心体など。

 

 

あなたの身体の細胞の中には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞小器官があります。

 

ミトコンドリアの内部のイメージ。ミトコンドリアには、細胞核のDNAとは別に、ミトコンドリア独自のDNAが存在している。

 

 

ミトコンドリアは、細胞内の他の細胞小器官に比べて、かなり大きなものです。

 

ミトコンドリアの主な働きは、生命を維持するために必要なエネルギーを産生することです。

 

あなたのミトコンドリアは、あなたの細胞の内側にあるパワーハウス (powerhouses)、つまり、発電所だと言えます。

 

 

 

発電所では、
エネルギーが作り出されます。

 

ミトコンドリアという発電所で作り出されエネルギーのことを、ATP(アデノシン三リン酸)と言います。

 

ミトコンドリアは、体内に取り入れられた栄養素のうち、グルコース(糖)を分解し、細胞プロセスの燃料であるATPに変換します。

 

ATPの構造式。ATP(エー・ティー・ピー)とは、(アデノシン三リン酸 ( アデノシンさんリンさん / 英語表記:Adenosine Triphosphate)の略語。

 

 

若いミトコンドリア、老化したミトコンドリア

 

ミトコンドリアは、若くて健康であれば、効率的に働いてくれます。

 

そして、細胞が生き続けることを可能にするATP、──たとえるなら、それは細胞にエネルギーを供給するバッテリーパックのようなものですが──、をたくさん作り出します。

 

 

ミトコンドリアは、ATPを産生すると同時に、フリーラジカルの「スパーク」を生じることがあります。

 

 

ご存知のように、
発電所でエネルギーを作り出すと、副産物として廃棄物が出ます。

 

同様に、ミトコンドリアATPというエネルギーが産生されると、フリーラジカルという副産物が生じるのです。

 

左が若いミトコンドリア。ATPを多量に産生し、フリーラジカルはほとんど出さない。右は老化したミトコンドリア。ATPをほとんど産生せず、フリーラジカルを多量に発生させている。

 

 

フリーラジカルとは、
電子を1つ失ってしまった
不安定な分子
のことです。

 

フリーラジカルが増えてしまうと、細胞内を不安定に飛び回り、電子の奪い合いをしてしまいます。

 

そして、結果的に、フリーラジカルは、ミトコンドリアやその他の細胞小器官、そして、核酸なども傷つけてしまい、さまざまな疾病の原因になってしまいます。

 

 

ミトコンドリアが、若くて効率よく働いている時は、僅かな量のフリーラジカルしか発生しません。

 

若いミトコンドリアのイメージ。ATPの産生が豊富であり、フリーラジカルの発生量は少ない。(実際にはミトコンドリアは赤味を帯びているが、上記の画像では若いミトコンドリアであることをわかりやすくするために緑色で表現している。)

 

 

しかし、ミトコンドリアが老化してしまうと、フリーラジカルの量も増えてしまいます

 

フリーラジカルから受けるダメージによって、ミトコンドリア内膜(ミトコンドリアの内側の膜)が劣化しミトコンドリアは以前のようには働かなくなってしまいます

 

古くなったミトコンドリアのイメージ。ATPの産生はほとんどなくなり、その一方でフリーラジカルが大量に放出してしまっている。

 

老化したミトコンドリアは、細胞にとって必要な量のATPを、ほとんど産生しなくなります。

 

代わりにATPよりも、フリーラジカルを、大量に放出し始めます。

 

 

古い発電所が、エネルギーを作り出すよりも、破棄物を多量に出してしまうのと同じように、

古いミトコンドリアも、ATPを産生する以上に、フリーラジカルを多量に発生させてしまうのです。

 

 

若くて元気なミトコンドリアは、それはまるで、凄腕のやり手 (go-getters) のようなものです。

 

 

・・・おそらくあなたも、
若いときは、そうでした、ね?

 

 

しかし、加齢が進むと・・・、

 

最終的には、ミトコンドリアATPを産生するよりも、フリーラジカルを多く作り出してしまいます。

 

そして、フリーラジカルは、あなたの細胞に、より多くの酸化ストレスを、与えてしまうことになります。

 

 

・・・そうです、
老化してしまったあなたのミトコンドリアは、有害なフリーラジカルを産生し、あなた自身の細胞を傷つけ始めてしまうのです。

 

もしかしたら、これはまるで、あなたは自分の細胞に裏切られたように聞こえるかもしれません。

 

 

しかし、それが、あなたの細胞に備わっている仕組みなのです。

 

フリーラジカルは、あなたの生活環境にも、その発生源が存在します。

 

また、食生活が原因で、フリーラジカルが発生することも、あります。

 

しかしながら、
あなたの身体で生じる酸化ストレスのほとんどが、実は、あなたの細胞から発生している
のです。

 

 

・・・ここで、
良いお知らせがあります。

 

 

それは、あなたの細胞には、古くなったミトコンドリアを再生するための、自然な再生プロセスが、既に備わっている、ということです。

 

 

ミトコンドリアのリサイクル再生プロセス

マイトファジーとは

 

ミトコンドリアがダメージを受けて損傷すると、あなたの細胞は、リサイクルして再生させるためのマイトファジーのプロセスを開始します。

 

(1)健康なミトコンドリアのイメージ。(2)ミトコンドリアが損傷または老化すると、マイトファジーが起こり、古くなったミトコンドリアが単独で分離し、分解される。(3)分解されたミトコンドリアの成分の一部分は、健康なミトコンドリアに引き継がれる。(4)ミトコンドリア分裂が起こり、健康なミトコンドリアを作り出すことが出来る。

 

 

マイトファジーとは、損傷したミトコンドリアを、選択的に特定し、他のミトコンドリアと区別して、単離し、分解し、一部をリサイクルして、新しい健康なミトコンドリアへと作り始めるプロセスです。

 

細胞には、正常な細胞環境を維持するための、一貫したプロセスがあります。

その自然なリサイクル再生機能が、マイトファジーです。

 

 

栄養と、ミトコンドリアの秘密

 

加齢によるものや、現代的な食事も含めて、

ミトコンドリアマイトファジーが効率的に起こらなくなってしまう原因は、たくさんあります。

 

ひとつ、例を挙げてみましょう。

 

少しの間だけ、
人類が、狩猟採集を行っていた時代を、想像してみてください。

 

 

当時の人々は、
現代人のように、常に食事を摂ることが、出来ませんでした。

 

なぜなら、彼らは、自然環境の中で、狩りを行い、木の実などを摘んで食べる生活をしていたからです。

 

そのため、何度も、食糧が不足し、栄養が足りなくなってしまうことがありました。

 

十分な食べ物を得ることが出来ない日々が続くと、エネルギー効率を高めて、細胞環境を維持し続ける必要性が出てきます。

 

そうして、
食べ物が不足している状態が続くとミトコンドリアのリサイクル再生機能であるマイトファジーが、促進されるようになりました。

 

栄養素が豊富にある場合は、細胞は効率的である必要はありません

 

なぜなら、生命を維持するための燃料となるものが、体内に豊富にあるからです。

 

しかし、
栄養が乏しければ乏しいほど効率的なエネルギー生産が必要になります。

 

私たちの細胞は、通常、(食べ物が少なくなった時など)低エネルギー状態になると、

自然な作用として、ミトコンドリアのリサイクル再生機能:マイトファジーのプロセスを引き起こします。

 

 

けれども、現代社会における今日では、ほとんどの人々が、食べ物を、毎日、たくさん食べています。

 

中には、食べ過ぎている人も
いるかもしれません。

 

 

こうなってしまうと、ミトコンドリア健全な機能を破壊してしまう可能性があります。

そして、マイトファジーが抑制されてしまいます。

 

これは、現代的な問題です。

 

 

あなたの細胞は、自然なサイクル

ミトコンドリア再生しています。

 

そして、毎日、十分な栄養を摂取していたとしても、

あなたの細胞が、健全な細胞環境維持し続けることが出来るよう、

ミトコンドリアリサイクル再生を誘発するための、引き金となる、

もう一つの方法を、見つける必要があります。

 

 

 

幸いにも、現代的な問題には、
現代的な解決先があります。

 

私たち、USANAの科学者は、
その秘密を見つけた
と思っています。

 

米国USANA本社の科学者たち。

 

それが、
インセリジェンス・テクノロジー (USNANA InCelligence Technology®) です。

 

 

ユサナ・インセリジェンス・テクノロジー®

 

 

米国特許申請中のインセリジェンス・テクノロジー®  (InCelligence Technology®)

 

インセリジェンス・テクノロジー®は、

たとえ、
あなたが断食をしていなくても

古くて非効率的になってしまった
ミトコンドリアを浄化し、

あなたの細胞
マイトファジーのプロセスを
最適化するために
必要な栄養サポート
を、
あなたに提供します。

 

それは、
あなたの細胞が、
効率的に働くのを助け、

そして、
フリーラジカル
産生を防ぐことに役立ちます

 

インセリジェンスの高度な技術は、
あなたの細胞を、
ユニークで、パワフルな方法で、
サポートします。

 

もしも、あなたが、

自分の細胞の中で発生している
酸化ストレスを抑制したい

とお考えであるならば、

 

ミトコンドリアで起こる
自然なリサイクル再生プロセス
マイトファジー
を、

栄養学的にサポートすることが、
いかに価値のあること

ご理解いただけることでしょう。

 

 

あなたは、
可能な限り、効率的に、自分の細胞に働いてもらいたいですか?

 

 

Yes !

 

では、是非、
以下の動画をご覧ください!

 

ユサナ セルセンシャル | USANA CellSentials™(日本語版)

 

 

インセリジェンス – ユサナだけ | USANA Video (日本語版)

※:日本ユサナ社が販売するユサナ製品のすべては、日本国の厚生労働省の認可に基づく栄養成分が配合されています。各国間で定められている医薬品や食品に関する法的基準が異なる為、米国版と日本版では栄養素の配合が異なります。上記の動画は日本語版として作成されたものです。英語版の動画ではイタドリ植物由来のレスベラトロールの説明がありますが、日本においては医薬品成分に該当する為、日本版のユサナ製品には含まれていません。

 

 

ジョン・クォモ博士について

ジョン・クォモ博士  – グローバル研究開発担当エグゼクティブ・ディレクター  (John Cuomo, PhD., Executive Director of Global Research and Development)

 

ジョン・クォモ博士の有機合成化学・製造・分析法の経験は、USANAにとって、非常に貴重な貢献を果たしています。

彼は米国とヨーロッパの特許を持ち、数多くの科学論文の著者でもあります。

USANAには、他の栄養関連会社とは異なる分野がいくつもある、と私は考えています」

と、クォモ博士は話しています。

「第一にお伝えしたいことは、製品開発製品製造におけるUSANAの品質保証です。」

「ほとんどの栄養会社は、USANAが行っている品質管理レベルには、至っていません。」

USNANAは、製品構成がラベルに記載されているものと正確に一致するように、膨大な時間と費用を費やしています。」

「私たちの品質管理方法の一つは、有効成分の社内試験です。」


他の多くの企業の場合、栄養製品を製造する際に、製品の市場性にのみ基づいて製品ラインを決めている
、ということを、クォモ博士は見抜いてきました。

「(しかし、その一方で、)私たちUSANAは、単に利益を得るために話題の健康ブームや流行り廃りのものに飛び乗ることは、ありません。」

 

https://www.usana.com/dotCom/difference/experts

 

 

翻訳:矢口詩穗里
編集協力:大塚慎吾 髙橋彩 勝山未知教 安藤あきとし

 

 


*These statements have not been evaluated by the Food & Drug Administration. This product is not intended to diagnose, treat, cure, or prevent any disease.

*これらの記述はFDA(米国食品医薬品局)によって評価されていません。この製品は病気の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

 

 


 

本記事は、USNANA InCelligence Pamphelet (ユサナ社・インセリジェンス・テクノロジー・紹介パンフレット・英語版)に寄稿された文章、及び、米国USANA社の記事を、『真の健康100万人プロジェクト® 編集部』が翻訳し、日本の読者向けに加筆・編集しています。

 

 

 


 

 

米国本社のUSANA Health Sciences. Inc. が米国で提供している製品と、日本のユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社が提供している製品では、配合成分が異なります。その主な理由は、各国間によって薬事法医薬品基準等が異なるためです。

日本国内で販売している製品も、米国本社が販売している製品と同様に、米国の医薬品GMP基準を順守し、且つ、米国食品医薬品局(FDA: Food and Drug Administration)「医薬品製造施設」として認定された米国本社の自社工場で製品を生産しています。

本記事は、米国本社の情報を翻訳しつつ、日本の読者の皆様に向けて加筆・編集しています。尚、本記事の内容については、ユサナ・ヘルス・サイエンス・ジャパン合同会社に確認をいただいております。

 

 


 

池田和子(ホリスティックメディカルドクター・内科医・産業医)

 

監修者:医師  池田和子

北里大学医学部卒業。専門は循環器内科・女性医療。
同大学病院内科研修を経て、平塚共済病院、大和市立病院、北里大学病院循環器内科勤務を歴任。

現在、田園調布長田整形外科にてホリスティック医療を行っている。

一般内科のみならず、女性外来を担当、女性の心と体の健康のための女性医療にも従事。
病氣や不調は魂からのメッセージととらえ、対症療法ではなく、ボディ・マインド・スピリットの統合であるホリスティック・アプローチを目指し、直感と医療論理のバランスを図りながら本人全体のあるべき健康を取り戻すことに尽力している。

 

 


執筆者・編集人:『真の健康100万人プロジェクト® 』編集部

『真の健康100万人プロジェクト®』とは、健康情報を共有し、『真の健康』にあふれる人々を日本中に増やすプロジェクトです。医師、歯科医師、アスリートなど、健康の専門家とパートナーシップを組み、活動しています。

 

 


本ページの著作権(翻訳を含む)は『真の健康100万人プロジェクト®』に帰属します。本ページの無断複製転用等を禁じます。

 

 


© Copyright  2018 『真の健康100万人プロジェクト®』 All Rights Reserved.

 

 

 

USANA 日本語版 公開記事一覧

 

 

 


 

ユサナ許可番号:ADV-681
ユサナ社の製品および人物等については、ユサナ社の所有物であり、ユサナ社より承認を得て掲載しています