真の健康100万人プロジェクト®

お問い合わせ
0120-537-817
平日10:00~13:00 14:00~18:00

ユサナ・プロバイオティック

USANA PROBIOTIC

1日の目安:1〜2日に1包

こんな方におすすめ

●免疫力を上げたい方 ●お通じを良くしたい方 ●腸内環境を整えたい方

商品名称:ユサナ・プロバイオティック [乳酸菌(生菌)・ビフィズス菌(生菌)含有食品]

製品番号:108

内容量:14g(1包1g×14包)/1箱

¥3,024 (税込) 送料無料

数量

免疫力を高め健康な腸内環境をサポート   


ユサナ・プロバイオティックはここが違う

「プロバイオティック」とは「善玉菌」を意味します。胃酸に強く生存率が高い「善玉菌」、乳酸菌LGG®株とビフィズス菌 BB-12®株を120億個も配合。これらの株菌は、胃酸に対する生存率が高く、腸まで届いて確実に定着することが、厳正な臨床実験により確認されています。

善玉菌の餌となる「プレバイオティック」イヌリンも配合。

善玉菌の“エサ”を一緒に摂ることで、取り込まれた生菌の生存率を高め、活発な活動を促すことができます。


なぜユサナ・プロバイオティックなのか

プロバイオティック・プラスは、消化機能や免疫機能をサポートし、腸内環境を整えます。室温で18ヶ月生存出来る120億個の生菌、乳酸菌のLGG®株とビフィズス菌のBB-12®株を50対50で配合。生菌が確実に腸まで届き、定着することを臨床実験で証明しています。


生きて腸まで届く乳酸菌&ビフィズス菌120億個配合・ユサナなら週2~3回の摂取でOK

USANAのプロバイオティックは、胃酸や胆汁などの強い消化液という過酷な環境に耐えて、きちんと腸まで届くことが証明されている菌株2種類を採用しています。

そのうちの一つは腸管への付着性が高いので、週に2〜3回の摂取でも腸内環境を整えます。ただし、有益な善玉菌も毎日便と共に体外に排出されてしまうので、調子が良くなったからと止めてしまってはいけません。快調だからこそ、1日おきのプロバイオティックを習慣にすることが大切です。

人間の腸内ではビフィズス菌と乳酸菌の2種類が腸内細菌のバランスを整え、免疫力を向上させています。中でもビフィズス菌は酸素が無い腸内でも生息し、殺菌作用がある酢酸をつくるので、悪玉菌を減らしたり、大腸菌−o157の感染も防いでくれたりする働きがあります。ユサナのプロバイオティックは乳酸菌とビフィズス菌の両方を採用している、頼もしい消化管サポート・デトックス製品です。


腸内環境を整えて『免疫力アップ』

ウィルスに感染しても発症する人・しない人、同じものを食べても食中毒を発症する人・しない人がいるのはなぜでしょうか? それは、害となる細菌などから身体を守ろうとする「免疫力」に個人差があることが関係しています。免疫力が低い人は発症しやすく、逆に免疫力が高ければ、たとえ発症しても重症化しにくく回復が早いといわれます。日頃から腸内環境を整え、菌に対する抵抗力を高めておくことが大切です。


免疫システムは『腸』に集中している

腸は身体の中で最も多くの外敵と遭遇する場所、人体の免疫システムの7割もが集中するほど重要な器官です。私たちの腸の中では、100兆個もの細菌が常に勢力争いを繰り返していて、腸内環境が良いと善玉菌が増加して悪玉菌が減りますが、腸内環境が悪くなると勢力はその逆になります。理想的な腸内環境は、乳酸菌などの善玉菌9割、大腸菌などの悪玉菌1割のバランスで、この勢力図が崩れると免疫機能が急激に低下します。腸内環境と免疫力は連動しているのです。


腸内環境は『乳酸菌&ビフィズス菌』パワーで整える

腸の中を善玉菌優勢に保つことが、腸内環境を整える一番のポイントです。食品やサプリメントなどで効率よく善玉菌を摂りつつ、腸内に便や腐敗した有害物質がいつまでも残らないよう、排泄を促すことも重要です。食物繊維は善玉菌の乳酸菌&ビフィズス菌を増やし、有害物質を吸着して、身体の外に排出するなどの働きがあることから、【乳酸菌(善玉菌)】と【食物繊維】を同時に摂ることが免疫力アップへの近道といえます。



腸内環境を整えて『免疫力アップ』   

栄養表示成分 1包(1g)当たり

エネルギー      0kcal
たんぱく質      0g
脂質         0g
炭水化物       1g
ナトリウム      0mg

オススメ製品 RECOMMEND PRODUCTS