グルタチオン

肝臓の解毒とグルタチオンの増加に関する臨床研究 ヘパシルDTX

肝臓は人体で二番目に大きな臓器です。肝臓では、主にグルタチオンなどの内因性抗酸化物質が作り出されています。グルタチオンは重要な解毒分子ですが、食物から摂取しても、実はあまり吸収されません。しかし、特定の栄養素を組み合わせて一緒に摂取することで、私たちの身体の細胞が作り出すグルタチオンの量を増加させることができます。今...

続きを読む

体内で作り出される抗酸化物質 グルタチオンの5つの秘密

グルタチオンは、あなたの体の中でH2O(水分子)の次に多く存在する分子です。特に肝臓の中で多く作り出され、解毒作用があり、身体を保護するために惜しみなく電子を与え続けます。米国USANA社のデビッド・ベイカー氏がグルタチオンの5つの秘密について語ります。(さらに…)...

続きを読む